光乗り換えすると、何がお得になるの?

ここ最近、光回線の業者が高齢者宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが多くなってきています。
この事態を受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明らかにいたしました。
インターネットのプロバイダーは、新規加入・光乗り換えの人を対象とした多くのキャンペーンを展開しています。
引越しをするときや新規で加入するときには、直接電話やネットを使用して申し込みしないで家電量販店やキャンペーンサービスを受けることが可能なサイトから申し込むとお得です。
プロバイダの月額料金が安くなるといわれて、今のプロバイダにしたのですが、失敗でした。
確かに、価格はかなりサイフに優しい価格でした。
でも、頻繁にネット回線の調子が悪くなってしまったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
プロバイダを光乗り換えたのは安易な考えだったと、後悔がやってきました。
自宅や会社で光回線を導入しているのならIP電話を取り入れてみるとお得で利便性があります。
光回線を使用するので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も交換機から中継するのは不要です。
そのため、電話料金がとても安くなり、プロバイダにより違いはありますが、月額の基本料金が一般の電話回線よりも安くなるケースが大部分です。