今話題のアテニアとファンケルの品質を口コミで知る

美白・美肌を得るために様々なスキンケアをしている方も多いと思います。

肌のケアで最も重要とされていることを知っていますか?それは洗顔です。

中にはクレンジング時にW洗顔不要と記載されている商品を利用している人も多いのではないでしょうか。

理想的なスキンケアという観点から言うと正解とは言えません。

なぜかと言うと洗顔剤とメイク落としの両方の効果があるということは片方の効果が弱くなっていると考えられるからです。

メイクを落とす洗浄力があるので肌へのダメージもその分強くなり保湿などを目的とした洗顔効果は相対的に低くなってしまいます。

最も理想的とされているのがメイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔することです。

スキンケアで需要と言われているのはメイク落としです。

その際に使う洗顔剤をみなさんはどうしていますか?アテニアとファンケルのようなクレンジングオイルなどのメイク落としを使っている人もいれば肌にも環境にも優しい天然由来の洗顔石鹸を使っている人もいると思います。

ただ、固形の石鹸だと毛穴は洗いにくいんじゃないの?と思う人もいると思います。

その場合はクレンジングジェルなどでメイクや毛穴の汚れを綺麗にした後に固形石鹸で洗顔を行うことをお勧めします。

両方行うことによってメイクなどの油性の汚れと汗やほこりなどの汚れ両方を落とせます。

使っている商品によってはW洗顔不要と記載されている場合もあります。

ネットを見ているとクレンジング後に洗顔をした方がいいと出てきますがその際、洗顔石鹸で行うとスキンケアに良いと書いてあることが多いです。

なぜ洗顔クリームなどではなく石鹸としているかを販売店舗のスタッフに聞いたところ多くの場合、洗顔時に使われるのは洗顔石鹸・化粧石鹸のどちらかです。

この2つの大きな違いとしては、化粧石鹸は顔を含めた全身を洗うための石鹸となっておりもう一つは顔を洗うことに重点を置いているからです。

逆に固形石鹸のデメリットとしてはバクテリアが繁殖しやすいことが挙がりますが顔の皮膚は全体的に薄く最も薄い瞼は約0.6mmしかなくデリケートなので全身用の化粧石鹸で洗うと肌の潤いを守る皮脂まで洗い流してしまう可能性があるので洗顔に特化した石鹸があるそうです。

特に、毎日メイクをする女性にとって肌の悩みは尽きないと思います。

肌への影響が大きいと言われているのがメイク落としなのですがクレンジング後に、洗顔石鹸で洗顔をした方が良いようです。

市販の洗顔クリームなどクレンジング不要と記載されている商品は時間が短縮できるといったメリットがある反面肌にダメージを与える界面活性剤が入っています。

そのため、肌質によっては合わないことがあります。

特に敏感肌の人は天然由来の素材で作られているものを使った方がいいと思います。

香料・着色料などの不要な成分が入っていることが考えられるからです。

界面活性剤や香料・着色料・防腐剤などが入っていることが予想されるからです。

アテニアとファンケルのようなクレンジング後にW洗顔を行うと肌に良いと知り合いに聞いたのですが洗顔をする際には洗顔石鹸と洗顔フォームどちらを選ぶと良いのでしょうか。

メリット・デメリットを簡単に比較してみましたので参考にしてください。

固形石鹸のメリットとしては天然由来の成分でできているので肌に安全なことや泡立てさせるのが難しいので少ない量で洗うことになりコスト面で良いことが挙げられます。

デメリットとしては、保管方法を間違えると細菌が繁殖する可能性があることなどがあります。

洗顔フォームの長所としてはネットを使わなくてもふわふわの泡ができることや容器がプラスチックなので清潔に保ちやすいことです。

デメリットとしては肌へのダメージがあるとされる合成界面活性剤が必ず入っていることです。

みなさんは家に帰ったら必ずすることは何ですか?メイク落としは絶対にやると思います。

その際のクレンジングではどういったことに気をつけていますか?最近ではW洗顔不要と書いてある商品もありますがパッケージに洗顔不要と書いてなければ洗顔石鹸での洗顔もすることをお勧めします。

なぜかというとアテニアとファンケルのようなクレンジングではメイクや角栓など油性の汚れを落としますが洗顔石鹸の方では肌に付着したほこりや汚れなど水性の汚れに強いからです。

このように両者には補完関係があるのです。

肌の悩みや肌質に合わせて洗顔するようにしましょう。

使っているけど意外と知らないものってありますよね。

最近では、そういったことを問題にした番組もあるようです。

では、質問です。

メイクを落とす際に使うクレンジングと洗顔石鹸の2つの違いが何か説明できますか?クレンジングの目的とはメイクを落とすことです。

メイクを落とすのなら洗顔石鹸でも可能ではないかという人もいるでしょうが落とす汚れの性質が違ってきます。

油分の強いメイクは石鹸ではなかなか綺麗に落とせません。

では、洗顔石鹸の存在する意味って何?と思う人もいるのではないでしょうか。

洗顔できる石鹸として化粧石鹸も存在しますが洗顔に特化させているので肌の潤いを守る皮脂を余分に流す可能性が低くなります。

引用元:アテニアとファンケルの違いは?関係あるの?【価格・品質を比較】

メイクをする方にとってアテニアとファンケルのようなクレンジングは避けては通れないですよね。

その際、肌へのダメージが気になるという人は多いと思います。

実際、メイクを落とせるということは強力な洗浄力を持っていることになり、その分ダメージも強力と考えられます。

ダメージの原因として大きいのが界面活性剤です。

ただ、メイクを落とす際には界面活性剤は避けられず、肌負担をなくすことは不可能と言えます。

ただ、肌質に合ったものを選べば負担を最低限にすることができます。

また、メイク落とし後に洗顔石鹸で洗顔をするのも人気なようです。

W洗顔はNGという話を聞いたことがあるかもしれませんが化粧落としで使う製品と石鹸では落とす汚れの種類が異なります。

オイルやシートでメイク落としをするとダメージがあると聞いたことはありませんか?実際にシートタイプの場合は強力な洗浄力によるダメージ以外にも拭く力でさらなるダメージがあります。

そのためメイクを落とすためのクレンジング時に天然由来の成分で作られている洗顔石鹸を使う人も多いです。

また、メイク落としをした後に化粧水などでケアしている人も多いと思いますが「美肌の基本は洗顔」という言葉もあるくらい洗顔は重要となっておりオイルやシートでメイク落としをした場合でも古い角層や老廃物が毛穴に貯まっていると根本的な解決にはなりません。

メイク落としの中には石鹸のように泡立てて使う商品でW洗顔不要というものもありますがメイクを落とせる強力な界面活性剤を使っていることになります。