アイソメトリック運動ナビ - 基礎知識と特徴とは?

 

あなたは普段、トレーニングを行っていますか?現在では、様々な種類のトレーニング法がありますが、ほとんどの場合は道具や場所の確保が必要だったり、それなりに時間の確保も必要ですよね。定期的にジムに通ってる方もいると思いますが、やはり料金やジム通いの時間確保等が大変になってきますよね。

 

そこで、そんな方にお勧めしたいのがアイソメトリックと呼ばれるトレーニング法です。この「アイソメトリック」とは静的運動という意味を表していて、時間も場所も選ばずに専用の道具を揃える必要も無い簡単な筋トレなんですよ。なので、通勤電車の中でも仕事中のオフィスの中でも手軽に行なえるトレーニングになります。

 

言い換えると、アイソメトリックは筋肉を収縮させずに静止させた状態で鍛えるトレーニングですね。よって、いつでもどこでも短時間で行なえるというのがアイソメトリックの特徴です。それだけでなく、アイソメトリックは静止状態で行なうものなので、比較的に筋肉や関節への負担が少なく負荷がかかり過ぎないため、疲労が少ない事がメリットとなっています。

 

よって、忙しい方にとってアイソメトリックは最適な鍛え方である上に、年齢や体力に関係なくどなたでも効果的に鍛えられるやり方なので、アイソメトリックは今流行の兆しを見せています。なので、無理なく体力を付けたい方、一般的な動作が難しい高齢者の方々には、アイソメトリックはぜひとも試して欲しいですね。

 

さて、そんなメリットが多いアイソメトリックですが、気になるのがその効果ですよね。それには、まず一つに筋力アップ効果があります。特に、一箇所ずつピンポイントに負荷をかける事が出来るので、気になる部位だけを集中的に鍛えることが出来ます。ただし、持久力アップ効果は期待できません。と言っても、その分身体への負担が少ないという事になるので、安全に行なえる方法なんですよ。

 

ですが、それらの特徴やメリットがある半面、やはりデメリットもありますね。一箇所に負荷をかける事が可能な鍛え方ではありますが、あまりに過度にやり過ぎるとその箇所を痛めてしまい、効果も半減してしまいます。メリットとデメリットは表裏一体という事が言えますね。なので、こちらでまずは基本的なアイソメトリックのやり方を把握してから、効果的なやり方で始めるようにして下さいね。

 

アイソメトリックが流行している現代の日本では、運動不足や体力不足の人が多くなってきている事が背景にあります。昔に比べて子供にも運動不足の傾向が叫ばれている状態なので、子供から高齢者まで筋力アップをしていきたいものですね。ぜひアイソメトリックをマスターして、いつまでも元気な毎日を送っていきましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

アイソメトリックとは?


人間、生きていく上で出来るだけ楽に生きようと思うのは当然ですよね。

 

と言っても、楽に暮らそうという考えはあっても、実際にはなかなか楽に暮せませんよね。

実際、楽な方が体力にも精神にも負担がかかりません。

 

苦しみのない生活というのは、非常に心地の良いものでもあります。

 

しかし、楽ばかりをしていてもダメだと思います。

 

そうなると、人間どうしても堕落してしまいますからね。

 

それは、精神面のみならず身体面でも同じことが言えます。

 

さて、近年「アイソメトリックトレーニング」という筋トレが結構流行っているんですが、ご存知ですか?

 

このアイソメトリックトレーニングの流行っている理由としては、現代人の運動不足や体力不足が理由の一つとしてあります。

 

また、体型の問題もこの部類に加わりますね。

 

つまり、簡単に言うと肥満であるという事です。

 

最近の子供達の各種データを見てみましょう。
(以下参照)

 

運動関連のデータは軒並み数字を下げていて、基礎能力の低下が著しいと言われています。

 

飛躍的に肥満体型の子供が増えていっているようですが、その主な原因としては、食事の欧米化やゲームなど遊具の変化だと言われています。

 

そして、一番の原因は背曲的に体を動かさなくなったことが挙げられますね。

 

「最近の学校は運動を頑張らせない」と言われています。

 

実際、キツい思いをさせる機会が減ってきているようですね。

 

そのため、体力が一昔前の子供と比較すると劣っていることが分かります。

 

よって、最近になってようやくこういった状況に危機感が生まれてきているようです。

 

そこで、各種トレーニングが流行の兆しをみせています。

 

子供のみならず、大人も運動不足による体力の低下や体調不良などが叫ばれているので、そういった悩みを解消する為にも、まずは筋肉を鍛えることが大切になりますね。

 

特徴について


あなたは、筋トレをしていますか?

 

様々な筋トレがありますが、その中にアイソメトリックトレーニングがあります。

ご存知ですか?

 

そこで今回は、このアイソメトリックトレーニングの特徴についてご説明しますね。

 

まず、特徴を挙げるとすると、それは「静止トレーニング」という点に集約されます。

 

トレーニングというのは、通常身体を動かすことが前提ですよね。

 

これは当然ですね。

 

走る、跳ぶ、押す、上げる、曲げるなど、筋力を駆使して様々な動作を行い、それで筋肉に負荷と疲労を与えます。

 

そして、それを回復させることで同時に筋力が増強されます。

 

ほとんどの筋トレについては、筋肉を動かすことで負荷を与えていますよね。

 

実際、年配の方やお年寄りをはじめ、身体を動かすことが困難な人向けの鍛え方であったとしても、最低限の運動は行うのが一般的だと思います。

 

例えば、一般的なものにウォーキングやジョギング、あるいは散歩といった方法がありますが、これらにしても身体をしっかりと動かしていますよね。

 

また、散歩をすることも難しいという人がいると思いますが、その場合は関節をしっかりと動かして温めるストレッチなどをすると良いと思いますよ。

 

こういった動きが必要ですからね。

 

それが普通の考え方ではないでしょうか。

 

そんな中、アイソメトリックは「静止状態」が一つのキーワードとなっています。

 

ここで一つの疑問として、「静止している状態で鍛えられるのか?」ということがあります。

 

まず、この疑問が湧いてくると思いますが、実際にはトレーニングになるんです。

 

ここで重要なのは筋肉に負荷をかけることです。

 

アイソメトリックトレーニングは、筋肉を静止、つまり伸び縮みをさせない状態で身体に負荷を与えるやり方なんです。

 

その為、他のやり方にはない様々なメリットがアイソメトリックにはあり、長所が生まれているんですね。